建物不具合の事例
症状説明
排気パイプの接続不良によって、外壁裏面に湿気が流入し外装材が劣化した状態。

■コメント

一見塗装の不具合にも見えますが、これは外壁基板が完全に融解している状況です。

経年劣化ではなく、瑕疵となります。


改修方法は劣化部のサイディングを全て張替え、排気抱ダクトの接続気密処理を施します。

症状説明
外装材(窯業系)の収縮にコーキングが追従できなくなり、隙間できている状態です。

■コメント

ある程度収縮は発生するものですが、この場合は許容収縮範囲を大きく超えています。

メーカークレーム対応により、張替を実施しました。
症状説明
破壊検査により、内部構造柱の劣化を確認している状況です。

■コメント

雨水の浸入・内部結露により腐朽が進行していました。 この劣化は、目視では判断できません。


状況説明
解体本調査を実施し、被害状況を特定しています。

■コメント

窓廻り土台・柱は全損していた状態です。

適正な補強工事が必要です。
症状説明
構造柱に雨水や結露水が染み込み、腐朽菌が繁殖し木を腐らせた後、蟻が巣を作り、更に腐朽が進行した状態です。 写真で蟻道が確認できる

■コメント

この段階の劣化は、耐震性が殆ど無く大変危険です。

■コメント
本件建物は、構造計算を基に耐震補強も合せて改修を行ないました。

症状説明
積雪に構造強度が耐えれず、崩壊した状況です。

■コメント

特に庇の先端は氷の塊が成長しやすいので大きな加重が掛かります。

症状説明
施工不良による漏水事故。

■コメント

天窓の漏水は施工不良が原因による事故が多いです。
施工管理が非常に重要です。

症状説明
壁にカビが発生し、その後床にもカビが繁殖した状態です。

■コメント

劣化が局部に集中していることから、雨水の浸入被害が原因と思われます。屋根や外壁の防水点検が必要です。

状況説明
解体検査の結果、屋根からの雨水が壁内に浸入したのが原因と確定しました。 屋根の是正工事完了後に内部を補修。
症状説明
老朽化した洗面所排水配管のジョイントから漏水が発生。

■コメント

マンションの漏水事故は下階の入居者に多大な迷惑を掛けてしまう恐れがあります。設備関連の定期点検と損害保険の加入は重要です。

症状説明
バルコニー床から内部の床に雨水が毛細管現象で流入した状態。

■コメント

この案件は構造コンクリート施工と防水処理施工の不良が考えられます。 このまま放置すると、内部建材の腐朽及びカビが発生し空気の汚染が懸念されます。
Copyright (C) 2005 HOUSE SUPPORT,Inc. All Rights Reserved.